スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





餓狼伝説2

  • 2017/07/17(月) 22:31:45

さて今回はNEO-GEOの餓狼伝説2です。

Bild1 (2)



前回が餓狼2のアッパーバージョンの餓狼伝説specialなのに何故また餓狼伝説2なのか!?

それはただ単に自分の餓狼2エピソードを語りたかった!ただそれだけです!

それではくだらない話ですが少々御付き合いを。

私は高校時代、通学沿線途中と言うこともあり江坂(大阪府)のネオジオランドに入り浸っておりました。その日もいつものように対面式の対戦台で餓狼2で死闘を繰り広げていました。
私が連勝中という事もあり、私の後ろには沢山のギャラリーたちが観戦していて今考えると少し調子乗って(関西風に言うといちびって)いた様に思います。

しばらくすると店内に2人組のJKが入って来ました。2人は入って来るなり店の奥のトイレに消えて行きました。
SNKのゲームは女性人気が高かったので私は特に気にすること無く対戦を続けていました。


しばしの時間の後、次に彼女たちが現れた時には1人はキム・カッファン、もう1人は不知火舞(結構可愛い)のコスプレ姿でした。


参考画像(イメージ)
20170717221730296.jpg


ざわついた店内をよそに不知火舞が涼し気な顔つきで私の向かいの対戦台に腰を降ろしたその刹那、それまで私の味方であったはずのギャラリーたちが潮が引いていくかの如く消えていき、彼女が座る対戦台の後ろに陣取ったのです!


...そりゃーそうだ。なんせコレですもん。
20170717221730296.jpg


そして彼女の選択したキャラは勿論不知火舞!!

一瞬にしてガラッと変わった空気に焦燥感とアウェー感を覚えた私は連勝中というプレッシャーも相まって一本も取れずに負けを喫しました。
...実際彼女は凄く強かったんですけどね。

失意の私はそのまますごすごと対戦台を去った...








と見せかけて勿論見に行きましたよ、お尻をね!
20170717221730296.jpg




...如何でしたか?私の青春の甘酸っぱい思ひ出は。
え?なげーよ?ももも申し訳ございません。
誰かに聞いて欲しかったのです!またこんなエピソードを思い出したらつらつらと書き綴ろうと思います。

それでは次回にコンティニュー!



にほんブログ村





この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。